ざっぷぎゃらり

のんびり絵、描いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【絵】 昨日のネタ関連

q329.jpg

昨日のネタの関連で、
今日は批判っていうより、疑問なのですが。

医療ドラマのリアリズムの追及って
どこまでやるのがいいのかなーって話。

原作の手術シーンとかに関しては、
結構細密な描画ながら、
自分はそんなに嫌悪感なく読むことができました。

まぁ、あくまで見る側の主観に強く依存する話なわけで、
原作のあれでも、グロすぎてだめって人はいるでしょうが…。

で、これをドラマ化する場合、
いろんな人がみるテレビってメディアで、どこまでやるのが正解か…。

(1)手術野は全く見せずに、登場人物に説明させる。
(2)手術野を簡易的な図とかに置き換える
(3)手術野にモザイクを入れる
(4)手術野の色をグレースケールに。
(5)全部見せちゃう。

血を見るのも嫌だってひとも、世の中にはいるからなぁ…。
なかなか、匙加減が難しいところなのかも知れません。

自分的には、(3)と(4)のハイブリッドあたりが妥協点かと思いますが。


しかし、原作通り進むとなると、この先
・やけどの皮膚
・梅毒の皮膚
・もろもろ手術
といったものが待ち構えているわけですが、
いったいどう処理するのだろうか…。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。